ちょっと後悔

  • 2017.04.29 Saturday
  • 23:52

ちょっと後悔。

もう遅いけどね。

 

引き受けちゃったPTA役員。

二年前は、バザー委員。

で、今年は、広報委員。

うちは小学生が二人いるので二回やるのです。

 

バザーは、ハンドメイド専門チームだったので、

それなりに大変だったけど、縫い物は得意なのであまり苦ではなかったな。

 

ところが、いまの広報は思ったよりややこしくて、

なぜ広報にしてしまったのかと本当に後悔、後悔。

 

ま、何をやっても結局は一緒だと思うんだけど、

一年が長いなーーーとおもってしまう。

 

GWは、ハンドメイドのイベントがあって、作品を作らないといけないのに、

広報の集まりがよくあって、全然すすまない。

おまけに今は、家庭訪問週間。ひーーー。

あー時間が欲しい。

 

うちの学校は、家庭訪問でお茶菓子やお茶は出さなくていいということなのだが、

娘の担任、25歳のちょっとマッチョな若い先生は、出されたらいただきます。とのこと。

え?出した方がいいの?お菓子たべてもらうより、お話したいんだけどな。

卒業式

  • 2017.03.23 Thursday
  • 23:18

今週、娘の小学校の卒業式がありました。

今週は、"交通おばさん"の当番だったので、

卒業式当日に、通学路に立っていたのですが、

うちの小学校にも、いました〜!袴姿の卒業生。

名古屋だけの話かと思っていたのですよ。

今は、どこの小学校も珍しくないのかな?卒業式に袴を着るのって。

娘は在校生として卒業式に出たのですが、10人ほど、袴姿の卒業生がいたそうです。

 

娘に、「着物着たい?」と、聞いてみると、

「わかんない。」と。そりゃそうか。まだ先の話だし。

時代は変わったものだ。成人式はどうなるんだろうね。

親はたまらんよ。

あれから一年

  • 2013.09.13 Friday
  • 00:57
母の死から、一年がすぎました。
 あっという間といえばそうだけど、未だに母の夢もみるし、
 夢では元気に、私と話してくれます。とってもリアルに。
だから、未だに もうこの世にいないんだ…という感覚が
どこかかけています。 変な感じです。

 母の死から数ヶ月、なかなか立ち直れなくて、 このままではいかん!と、
思い立って始めたハンドメイド。 今はこれが私の支えになっています。 
お客様のオーダーに、苦戦する時もあるけれど、 喜んでいただけたら、
本当に嬉しいし、やり甲斐もあります。

 先日、久しぶりに日暮里に行きました。 日暮里は繊維の街で、
生地屋さんがたくさんあり、本当に安い!! 
欲しい生地がいっぱいすぎて、テンション上がりました〜! 
忘れていた感触を、取り戻した感じです。

 一年たって、穴が空いた感は埋まりませんが、 
自分で何かに打ち込める時間が持てたことには、救われました。 
実家から自分のと、母の着物、沢山持って帰ってきました。 
これらを何かに生まれ変わらせる予定です。 楽しみです。

アロハシャツ

  • 2013.07.28 Sunday
  • 23:00
またまた、久しぶりの更新。

 最近はずっとミシンと格闘しておりました。
 以前のパート先の先輩から頼まれて、シャツ作りをしました。
 アロハシャツ 二枚。それもパネル柄…。パネル柄なんてやったことないよ。
 どこをどうやって型をとるか。 いやー、苦労しましたが、なんとか完成。 
納品したら、とっても喜んでもらえたようです。 不安だったけど、やって良かった〜。
 作っていて知ったのですが、アロハシャツって、 
ボタンの穴が横なんですね。勉強になりました。

 実はこの間、自分の浴衣をリメイクしてチュニックを作りました。 
この浴衣、一度、袖を通したか通してないかも、記憶がありません。
 きっと、このまま着ないで置いておくよりは…と思い、
浴衣を ほどいて、作り直しました。 初めて浴衣をほどいて作ったにしては、
なかなかいい出来。 うちにきた先輩が、この浴衣リメイクチュニックを試着して
 気に入ってくださり、なんと、お買い上げしてくださいました。 やったー。
 私が着るより、先輩の方がはるかに着こなしていたので、良かったです。 

これがあって、アロハを依頼され、くなんを乗り越えた時の達成感がたまりません。
 作る楽しみにまた目覚めてしまった感じです。 
実家に帰ったら、タンスを掘り起こしてみようと思います。

春に備えて

  • 2013.03.07 Thursday
  • 01:05
ちょっとまたまたご無沙汰。

 やめたいけど、やめられないです。
可愛い生地があると、買ってしまいます。ネットでも、ついポチッと。
 春の入園、入学に備えて、お店やネットで魅力的な生地が目白押しなんですわ。 
見たらもう、ダメ〜って思うのですが。 

そしてまた、生地が届くのが待ち遠しくて。
 生地が届くと、娘が先にみたがります。
 今日もまた、買ってしまいました。 
リアルな動物の人形がプリントされた生地。 
届いたら、娘が発狂しそうです。可愛すぎて。 なにつくろうかな?

 最近は、作品を置かせてもらっているボックスショップで、
 和柄のバッグが売れてきました。お試しで作ったものなんですけどね。
 今月はこれでいこうと思います。

 和柄の生地も、いろいろあって見てるのが飽きないです。 
難しいのが、お店にくるオバ様たちの好みがなかなかつかめない… でもがんばります。

ミシンと格闘 その後。

  • 2013.01.28 Monday
  • 00:50
またまた、放置してました。

 実は年末、キャンセル待ちしていたハンドメイドイベントに 
参加できることが急遽きまり、一ヶ月しかない中、沢山の 
ハンドメイド作品を作りまくっておりました。 

毎日の夜なべ生活。学生時代のように、ラジオ聞いて 
コツコツ作り続けていました。 
そしてようやく、そのイベントがおわりました。 
初参加でしたが、沢山の作品が、私のところから旅立っていってくれました。
 本当にありがたいです。帰りは、随分と荷物が減りました。 

でも、この一ヶ月…。 あー。きつかったなーー。 
しかしながら、楽しかったのも事実です。 
ミシンもよく頑張ってくれました。
 家族にも、後半は随分迷惑かけましたね。いろいろ手抜きになったし…。
 旦那様がいなかったら本当にできませんでした。
 旦那様に感謝、感謝です。 

あとは、のんびりと自分のペースで作っていこうと思います。
 春先、旅立って行った私の作品たちに出会えるといいなー。 
春が待ち遠しいです。

ミシンと格闘

  • 2012.12.22 Saturday
  • 00:54
随分と、放置してたかな? 

母がなくなって、悲しんでばかりもいられないと思い立って、
 昔やっていた、ハンドメイドを始めました。 
子供がうまれる前、ボックスショップの一角を借りて、 
ハンドメイドのワンコ服を作って売ってました。 次第に
オーダーもいただけるようになり、街で 私の作ったワンコ服を着た、
ワンちゃんに出会った時、 本当に嬉しかったなー。 

あの感動をもう一度。 ということで、
今度は子供用品の物を作るようになりました。
 始めたのはいいのですが、子供に限った商品なので、なかなか売れない。 
で、季節的な物を…と、作り始めたのが、マフラー。 
これは、女性用の物を作るようにしたところ、 わりとコンスタントに売れて行くようになり、 ずっと夜中に一人で、ミシンと格闘しておりました。 

いやー、やっぱり、好きなことをしてる時は本当に楽しいな。 
学生時代のように、深夜放送のラジオ聞きながら作るのがこんなに楽しいとは。
 すっかり朝が辛い毎日です。

思い出しては。。。

  • 2012.10.03 Wednesday
  • 14:12
母が亡くなって一ヶ月ちょい経ちますが、
 やっぱり、時々思い出しては涙がでます。 
家では子供がいるのでなきません。

 息子がプレ教室にいっている間、その待ち時間に 
ふと一人カフェでお茶しながら、外を眺めている時、
 母と同じような年齢の方が、わたしのような年齢の娘さんと 
仲良さそうに歩いているのをみると、なんだか泣けてきます。 
もう私には、ああいうことができないんだな〜と。
 結婚する前は、よく一緒に出かけたのにな〜と、思い出します。 
もうちょっと、いろんな所へ連れて行ってあげれば良かったと、 また、後悔で涙。。。 

テレビで、天皇陛下の手術をなさった、名医のお医者様が出ていると、 
この先生に母をみて頂いてたら、治ったのではないかとか、 
ある料理研究家の方のように、命のスープを作って、
 私が母に食べさせてあげていたら、もう少し長生きできたのではないかとか、
考えたりして。 また、涙です。。。

 一番辛いのは、この悲しい重みは 
母をなくした人にしかわからない重み。。。ということかな。
 お父さん、大丈夫かな?

今時の小学生は…

  • 2012.09.28 Friday
  • 09:04
夏に実家に帰った時、又聞きですが、聞いた話。

知人の子Aは、小学二年生。
 ある日、A が遊んでいて教室のとあるものを壊してしまいました。 
どうしよう、と、思っていたら、
 クラスメートのBが、それを見ていたそうです。
 そして、Aに近づき、そのクラスメートBは 
黙っていてやるから、金をもってこい。 と、言ったそうです。

 それから、毎日のように、BはAに催促しました。
 困ったAは、 お金もないし、毎日言われるのもいやだし、
 先生に謝るから言ってもいい。といったそうです…。 

 又聞きなのでそれからどうしたのか、
A両親はそれを 知っているのかわかりませんが。

 それにしても、 小学二年生で、恐喝?!
犯罪ですよ、立派な。
 ど、どんな親なんでしょう。
今時の小学生は、恐喝を知っているのでしょうか?
恐ろしい…

虫の知らせ

  • 2012.09.22 Saturday
  • 16:07
日に日にですが、心の状態は落ち着いてきています。
 一人で、シクシク泣く日が少なくなりました。 時間て、本当に大事ですね。 

母が亡くなる数日前、虫の知らせというのか、 なんか、
母に会いにいかないといけないなあと、感じていたのです。
 そしてそれは、私だけではなく、横浜に住む兄も感じていたとのとでした。
 母が、最後に、きて欲しいとよんでいたのかな? 
そんなこと思うと、また泣けてきます…。

 実家に帰って、通夜や葬式の準備に追われ、 
亡骸の母に、あれしてあげよう、これしてあげようと思っていたにも関わらず、 
本当に忙しくてなーーんにもできませんでした。 
できたのは、最後の日に一緒に隣で寝たことぐらいです。
 もう、後悔ばっかりですよ。怒ってるんじゃないかあ…。 

おちこんで、毎日泣いてたのですが、 
通夜にも葬式にもきてくれた、幼なじみがメールをくれました。 
ミーナは、親孝行だったと思うよ…と。 結婚し、子供を産んで、
ちゃんと家のこともし、帰ってきて顔も見せていた。 それで十分だったと思うよ、と。 

このメールで、本当にどれだけ救われたことか…。
 ありがとう、Yちゃん。救ってくれて。 本当に感謝します。

PR

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

おおきくなったら
おおきくなったら (JUGEMレビュー »)
ふくだ としお,ふくだ あきこ

recommend

recommend

ねんね
ねんね (JUGEMレビュー »)
さえぐさ ひろこ

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered by

無料ブログ作成サービス JUGEM